フィリピンの入国審査でよく聞かれる質問と答え方

フィリピンの入国審査でまれに入国管理官からいくつかの質問をされることがあります。英語があまり話せない初級者の留学生にとって、これは恐怖の瞬間です。

うまく答えられなかったらどうしようと不安になりますよね。

僕も留学生として初めてフィリピンに来たときに入国審査でいくつか質問を受けて頭が真っ白になって挙動不審になり、怪しまれた記憶があります。

これ、結構トラウマになります。(苦笑)

僕のような入国審査トラウマ患者をこれ以上増やさないために、入国管理官からよく聞かれる質問とその答え方についてまとめます。

入国管理官からの質問の代表格は、次の3つになります。

入国の目的

Why are you coming to the Philippines?(どうしてフィリピンに来ましたか?)
What are you going to do in the Philippine?(フィリピンで何をしますか?)

圧倒的によく聞かれる質問は、入国の目的です。

この質問がきたときは、「I came here to study English in language school.(語学学校で英語を学ぶために来ました。)」と答えてください。

加えて、その証拠を示すために語学学校から発行される入学証明も提示するとよりスムーズです。

ビザについて

Do you have Student Visa?(学生ビザはありますか?)

次いで多いのが、ビザに関する質問です。

勉強をしに行くという話をすると、入国管理官はかなりの確率で上記の質問をされます。

その際は「I don’t have student visa. However school will apply SSP later.(学生ビザはありませんが、学校側が後ほどSpecial Study Permit(特別学生許可証)を発行してくれることになっています。」とお答えください。

Special Study Perm(特別学生許可証)とは?

フィリピンで学ぶすべての外国人学生が取得しなければならない証明書です。名前の頭文字をとって通称SSP(エス・エス・ピー)とも呼ばれます。手続きは語学学校が代行して行います。

フィリピンでの滞在先について

Where will you stay ?(どちらに滞在されるのですか?)

最後によく聞かれるのが、滞在先についての質問です。

これに関しては、留学するエリアの地名を答えて、「School prepare my accommodation.(語学学校が宿泊先も用意してくれています。)」と答えれば、納得してくれるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

入国審査の際によく聞かれる質問とその答え方がお分かりいただけたと思います。

日本のパスポートは、世界での信用度がとても高いので、フィリピンへの初の入国であればあまり質問をされることはありません。

ただし、今まで海外への渡航歴旅行が多い人(パスポートの入国スタンプが多い人)、フィリピンへの出入国が多い人、もしくは長期間フィリピンに滞在する人などは、質問を受ける可能性が高いので心の準備はしておきましょう。

入国時の様子
最新情報をチェックしよう!
>説明会も開催中

説明会も開催中

スタッフから直接話を聞こう!