フィリピン留学ならポルタにお任せ

バギオのA&Jを視察。ワーホリ準備で有名な学校の実態に迫る

バギオの、A&Jという学校を視察してきました。

A&Jは、定員45名ほどの小規模校で、ワーキングホリデー対策コースがとても有名な学校です。

学生さんの中には、カナダやオーストラリアへのワーキングホリデーや2ヶ国留学を控えている人がたくさんいます。

では、さっそくA&Jの学校視察の様子をレポートしていきますね。

A&Jの学習面の特徴

A&Jのワーキングホリデー準備コースは、数年前からA&Jが社運をかけて作り上げてきた本格的なプログラムと言えます。

12週間のパッケージプログラムで5時間の個別レッスン、1時間のネイティブ講師とのグループレッスンという授業構成。

そして、バギオにある有名なレストランでウェイター/ウェイトレスとして働けるジョブトレーニング(OJT)の仕組みがあるのが最大の特徴です。

仕事の様子は、上記の動画のような感じ。

がっつり働いてますね。

フィリピン人やその他外国人のお客さんを接客する機会も多いし、フィリピン人の同僚との英語のコミュニケーションも必須なのでたくさん英語を使うチャンスがあるでしょう。

これは英語伸びますね~。

同時に、ワーキングホリデーに行く予定の人は、実際の就労経験を持ってワーキングホリデーに挑めるので何も準備しない人と比べてはるかにスムーズなスタートを切れるに違いありません。

現場で培った経験が自信にも繋がりますよね。

実はもカナダを旅行した際にA&Jのワーキングホリデー準備コースの卒業生数人と会ったことがあります。

皆さんカフェやパン屋さんなどのスタッフとして最前線で活き活き働いていました。

皆さん口をそろえて「A&Jのプログラムがなかったら今の状況はなかった」と話していたのを思い出します。

半面、プログラムの内容がハードなので途中で脱落してしまう人もいるそう…。

現場の仕事はハードですし、実際のお客様を相手にするので英語力だけでなくサービス、コミュニケーション力にも妥協は許されませんから、しっかりとした覚悟で臨まないと心が折れてしまうのも分かりますね。

A&Jネイティブ講師

僕が個人的にイチオシなのが、A&Jのネイティブ講師ジョン先生です。

彼は、カリフォルニア州の出身アメリカ人でA&Jの副校長でもあります。

英語教育歴10年を超えるベテラン講師なので、外国人の特に初級レベルの学生への英語教育歴が長いのであなたのレベルやペースに合わせた授業が可能です。

何度かクラスを見学させてもらったことがありますが、アジア人の英語の苦手を把握した副校長のジョン先生のクラスにはやはり安定感があるなと感じます。

そして、彼は何よりユーモアがあって楽しい。日本のすべらない話が大好きなめちゃめちゃ面白いアメリカ人です。

ワーキングホリデー前にネイティブの英語に触れることが出来るのはかなりプラスですし、その相手が経歴の長いベテラン講師であることもとても大きなアドバンテージとなるでしょう。

A&J生活面の特徴

学校の視察から、生活面の様子や特徴についても見ていきましょう。

A&Jエントランス

A&Jは、バギオの語学学校の中でも学生の総数が少ない小規模校に入るので、学校のサイズもそこまで大きくありません。

上記の写真は、エントランスの様子。

レセプションの向こう側には、食堂があります。

A&J地下ジム

ジム設備もあります。

PINESやMONOLなどの大規模校と比べるとややクオリティーは落ちますがちょっとしたトレーニングには活用できそうです。

上記のようなオシャレな勉強エリアもあります。

ちなみに24時間自習室などは解放されているので夜中まで勉強も可能です。

A&J4人部屋

お部屋は、1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋の4種類あります。

上記の写真は、4人部屋の様子。

4人部屋のベッドは二段ベッドになり、部屋にトイレとシャワーもついています。

A&J2人部屋

上記は、2人部屋の様子です。

清潔感はありますし、最低限の生活には全く不便がないと思いました。

A&J中庭

校舎の隣には、中庭があります。

ここでイベント(例えば、BBQパーティーとか)やアクティビティーを行うこともあるそう。

小規模で先生や生徒、そして生徒同士の距離が近いアットホームな雰囲気な学校なので、上記のような家族的なアクティビティーもきっと楽しいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

A&Jの学校の特徴や雰囲気がお分かりいただけたと思います。

A&Jは、ワーキングホリデー準備コースに非常に力を入れている学校です。

実際の現場で働く経験を積めるジョブトレーニングの英語を伸ばす効果抜群。現場での仕事は厳しいですが、乗り越えれば必ず力と自信がつくプログラムです。

ネイティブ講師のジョン先生の授業もおすすめ。

施設のクオリティーは、正直そこまで高くありませんが、寮は清潔感があり生活には困らないと思います。

もしあなたが二ヶ国留学でワーキングホリデーに行く前にフィリピンで準備留学したいと考えているならA&Jへの留学を検討してみてはいかがでしょう。

A&Jのわーきホリデー対策コースで先に辛い思いをしておいたほうが、輪―キンホリデーに行った後に楽になるかもですね。

A&J校舎
最新情報をチェックしよう!
>説明会も開催中

説明会も開催中

スタッフから直接話を聞こう!