留学までの流れ

バギオを歩く女性

フィリピン留学に行ってみたいけど、何から手を付けていいのか分からないから重い腰が上がらないという人も多いのではないでしょうか?

確かに、その気持ちよく分かります。

インターネット上には、たくさんの情報が溢れていますが、正直どれを信用したらいいか分からないし、具体的な留学までのステップをイメージするのがむずかしいですよね。

そこでこちらのページでは、フィリピン留学の流れをビデオで解説していきます。

どのような点に着目すれば、リスクのない留学を実現できるのかポイントを絞って説明していますので、留学までのイメージがもっとクリアになるはずです。

また、ビデオ内で解説している各項目を下記に順番に記載したのでリファレンスとしてご活用ください。

留学日と期間を決める

まずは、あなたの目標やスケジュールに合わせて留学する日と期間を決めましょう。

フィリピン留学は、最低1週間から留学が可能です。

割合としては、8週間から12週間の留学期間を選ばれる方が多いです。

留学エリアを決める

次に、留学するエリアを決めます。フィリピンには、それぞれ特徴の異なる複数の留学エリアがあります。

ポルタ留学センターでは、セブ島をバギオをメインでご紹介しています。

関連記事

セブは、日本でも有名なビーチリゾートとして有名ですが、フィリピン留学においても一番学校数が多いエリアです。ビーチアクティビティなども豊富にあるため、勉強と旅行をどちらも楽しめます。1週間の短期留学から長期留学まで柔軟に受け付けている学校[…]

cebu ocean view
関連記事

バギオは、年間を通して最高気温が24度前後と非常に涼しく、勉強にとても集中しやすいエリアです。大学が多く、語学学校が採用できる講師のレベルも高いです。また、フィリピン国内でも極めて治安のいい安全なエリアとして有名です。そのため中長期で留[…]

バギオ

語学学校を決める

エリアを決めたら、次はどの語学学校に入学するかを決めましょう。

学校ごとに規模や提供しているコース、得意・不得意分野が異なります。学校のコンセプトや雰囲気もそれぞれ全く異なります。

学校で働くスタッフのサポート力も留学の満足度を大きく左右しますので、絶対にチェックしておきたいポイントです。

留学カウンセラーと相談しながら、あなたに最適な語学学校を見つけましょう。

滞在したい部屋のタイプを決める

語学学校が決まったら、次に滞在するお部屋のタイプを決めましょう。

フィリピン留学では、ほとんどの語学学校が学生寮も一緒に提供しています。学校と寮が同じ建物内、または敷地内にあることが多いです。

そのためとても安全なうえに通学の必要がないので交通費も掛からないというメリットがあります。

学校ごとに多少異なりますが、部屋の種類は1人部屋から最大6人部屋まであります。一部、外部寮も提供している語学学校もあります。

部屋の収容人数が多くなるほどコストは下がります。ご自身の好みや予算に合わせて部屋を選びましょう。

受講したいコースを決める

滞在したい部屋が決まったら、次に受講するコースを決めます。

フィリピン留学で学べるコースは、一般英語(ESL)、テスト対策(TOEIC,TOEFL、IELTSなど)、ワーキングホリデー対策、ビジネス英語の4つのカテゴリー分けることができます。

語学学校によっては、上記の4つのうち1つか2つの分野に特化した学校もありますし(小規模校に多い)、4つのカテゴリーを全て提供している学校もあります(大型校が多い)。

学校ごとに実績や得意・不得意分野が異なりますので、カウンセラーの意見も聞きながらコースを選びましょう。

お見積りをもらう

受講したいコースが決まったら、次にお見積りを出します。どれぐらいの留学費用が掛かるのかチェックしましょう。

またこのタイミングで、学校にお部屋の空室確認を行います。

フィリピンの語学学校は、学生寮の部屋が埋まってしまうと留学登録を締め切ってしまいますので、空きがあるうちに早めに部屋を確保する必要があります

少なくとも留学の2ヶ月前にはここまでのステップを終えているのが理想です。

関連記事

留学時に一番気になる項目は、やはり留学に掛かる費用ですよね。留学をするためにある程度お金を貯める必要がありますから、ある程度の予算が分かれば留学期間などを決めるのにも役立ちます。そこでこちらの記事では、フィリピン留学に掛かる費用とそ[…]

フィリピン留学の費用

正式に留学登録をする

お見積りの金額に問題がなければ、語学学校への留学登録を行います。

登録手続きはすべて当社が代行いたしますので、ご安心ください。

請求書がくるので期日までに授業料を振り込む

正式な登録が済みましたら、請求書が発行されます。

請求書にある期日までに、当社の口座宛に留学費用を日本円でお振込みください。語学学校への海外送金も当社が代行させて頂きます。

費用の振り込みが完了しましたら、語学学校より入学許可証が発行されます。

入学許可書は、PDFデータファイルで送られてきます。

稀に、入国の際、イミグレーションから入学許可書の提示を求められる場合がありますので、受け取った入学許可書は渡航日に印刷してお持ちになることをお勧めします。

航空券の購入や海外旅行保険への加入

さあ、これでいよいよ正式に留学が決定いたしました。次に渡航の準備に入っていきます。

まずは、フィリピン行きの航空券を購入しましょう。

日本からフィリピンへは、ジョットスター航空やセブパシフィック航空といった格安航空会社(LCC)からJAL、ANA、デルタ航空といったキャリアまでたくさんの航空会社の便が運航を行っています。

ご予算やフライトの時間帯など考慮しながらお好きな航空会社をお選びください。

関連記事

フィリピン留学が決まったら、次は航空券を購入する必要があります。でも、実際どの航空券を購入すればいいか迷いますよね。そこでこちらのページでは、日本とフィリピンを結ぶ直行便のフライトをまとめました。日本の主要空港から、マニラ、セブ島、[…]

飛行機からの景色

渡航案内を参考に準備を開始する

渡航の1週間前ぐらいになったら、お荷物の準備なども始めていきましょう。

事前に渡航案内をお渡しいたしますので、その情報をもとに持ち物の準備をされることをお勧めいたします。

もし準備で何か分からないことや不安なことがあればいつでもご相談ください。

関連記事

すでに海外旅行に慣れているかたであれば心配ないですが、留学が初の海外渡航という方ははどんなものを揃えて渡航すべきなのか分からないことだらけですよね。できるだけ荷物は減らしたいけど、あれもこれも必要な気がするし...最低限これだけは必要っ[…]

留学の持ち物

渡航日を迎える

いよいよ、待ちに待った渡航日を迎えました!パスポートや貴重品の忘れ物がないように出発前にもう一度持ち物リストをチェックしましょう。

また、最低でもフライトの3時間前には空港に到着し、搭乗手続きを済ませることをお勧めします。

空港ピックアップ資料もチェックし、フィリピンに到着した後のスタッフとの待ち合わせ場所やその後のスケジュールなども確認しておきましょう。

Bon voyage!(よい旅を!)

関連記事

フィリピンに入国する際にイミグレーションに提出する書類のに入国カードというものがあります。搭乗した飛行機の中で客室乗務員から上記の画像のような用紙が渡されます。こちらの記事ではその入国カードの書き方をまとめました。入国カードの[…]

IMG
関連記事

フィリピンの入国審査でまれに入国管理官からいくつかの質問をされることがあります。英語があまり話せない初級者の留学生にとって、これは恐怖の瞬間です。うまく答えられなかったらどうしようと不安になりますよね。僕も留学生として初めてフィリピ[…]

入国時の様子

まとめ

いかがでしたか?

これで、フィリピン留学までの流れがクリアになったかと思います。

上記で見て頂いたように、フィリピン留学を行う上で済ませなければいけない手続きはたくさんあります。

そのため、お客様一人で留学手続きを行うには、余計な手間も時間も掛かります。

また語学学校のパンフレットやウェブサイトは、基本良いことだけ書かれていますから、そこから学校の良し悪しを判断するのはとても難しく、ミスマッチのリスクも高まります。

留学エージェントは、特徴の異なる複数の学校を比較し、あなたの希望に合った語学学校を提案できる知識と経験を持っています。そのため、適切な学校を見つけるための労力と時間を最大限節約することが出来ます。

そこが留学エージェントを活用する最大のメリットです。

ポルタ留学センターは、カウンセリング料も紹介料も無料です。

各学校の留学費用も学校に直接申し込むのと同じ金額でご案内していますから、金銭的なリスクもありません。

私たちをうまくご活用いただき、よりリスクの少ない留学を実現して頂けたらと思います。

>説明会も開催中

説明会も開催中

スタッフから直接話を聞こう!